Top  >  Gallery  >  テーマ   >  第68回全日本体操個人総合選手権大会  -若い力の台頭! 目指せ2016リオ、2020東京-

5月10日~11日、東京・国立代々木第一体育館で、「第68回全日本体操個人総合選手権大会」が開催された。
日本の体操は過去に1960年~1978年の間に男子団体総合10連覇(所謂V10)の偉業を達成している。
そして2004年のアテネオリンピックで28年ぶりに男子団体で金メダルを獲得して以来、
世界王者“内村航平”の活躍もあり、“体操ニッポン”復活の兆しが見えてきた。
今大会では、男子では内村が実力を発揮し7連覇を達成したが、
男女とも若い力が台頭してきており、2016年リオ、2020年東京に向けて楽しみな存在だ。
またこの大会の期間中には、長らく女子体操の先頭にたって引っ張ってきた田中理恵の引退セレモニーも行われた。
今後も後進の指導や体操競技の普及のために活躍してもらいたい。

会場

会場となった代々木第一体育館前には長蛇の列

TAG :

close

田中理恵

大会期間中には、引退セレモニーが行われた。

TAG :

close

内村航平

ワールドカップを制した王者、内村航平。前人未到の7連覇を達成。

TAG :

close

笹田夏実

実力拮抗の女子は笹田夏実が連覇達成。

TAG :

close

笹田夏実

競技の合間に指導を受ける。表情にはどこか余裕も見て取れる。

TAG :

close

野々村笙吾

男子の2位は順天堂大・野々村。昨年は不調だったが、今年は期待できそうだ

TAG :

close

加藤凌平

王者の背中を追う加藤。若い世代を引っ張っていく。

TAG :

close

山室光史

ロンドン五輪では悔しい思いをした山室も、まだまだ負けてはいられない。

TAG :

close

田中佑典

兄は怪我、姉は引退。弟にかけられる期待は一層高まる。

TAG :

close

亀山耕平

昨年の世界選手権代表だった亀山耕平。若いライバルも多い中奮闘。

TAG :

close

白井健三

世界選手権で一躍体操界の話題をさらった白井健三。床のスペシャリスト。

TAG :

close

白井健三

得点表示を見て笑顔を見せる白井。未だ高校生。リオ、そして東京に期待がかかる。

TAG :

close

千葉健太

清風高校の千葉健太。次々に若い世代が出てくる。

TAG :

close

萱和磨

習志野高校の萱和磨。王者に食らいつく日はくるのか。

TAG :

close

村上茉愛

高校生ながら世界の舞台を経験した村上。今後も日の丸を背負っていく存在。

TAG :

close

村上茉愛

演技後笑顔を見せる村上。

TAG :

close

寺本明日香

ロンドン五輪での活躍から、日本のエースへと成長した寺本明日香。

TAG :

close

寺本明日香

今年から大学生。さらに磨きがかかる「美しい体操」に期待。

TAG :

close

平岩優奈

今大会会場を驚かせたのは平岩優奈の活躍。高校生になったばかりの15歳が一躍注目を集める。

TAG :

close

宮内玲奈

若い世代の活躍が目立ってくる中、すでに常連にも思える宮内。彼女もまだ高校生。

TAG :

close

本田美波

宮内同様高校生の本田。近い世代にたくさんの有望選手がいるだけに、誰が抜け出してくるのか今後も注目。

TAG :

close

杉原愛子

中学生ながらナショナル強化指定を受けている杉原。東京五輪の舞台に立てるか。

TAG :

close

土橋ココ

中学生の注目株・土橋ココ。

TAG :

close

表彰式

王者・内村の時代はどこまで続くのか。女子は誰が勝っても納得できる争い。NHK杯も楽しみだ。

TAG :

close