Top  >  Gallery  >  テーマ   >  ロンドンパラリンピック

ロンドンパラリンピックは、オリンピックの後を受けて2012年8月29日から9月9日の間開催され、
20競技503種目に初参加の北朝鮮などを含む史上最多の164の国と地域から約4,280人の選手が参加して各競技で熱戦が展開された。
日本選手団は、車いすテニス男子シングルスでで国枝慎吾が2連覇の快挙を達成するなど、
金メダル5個、銀メダル5個、銅メダル6個、計16個のメダルを獲得。
中でも、ゴールボール女子では、夏冬大会を通じて始めて団体種目で金メダルを獲得したことが特筆される。
2020年パラリンピックの東京大会が決まったことから、更なる飛躍が望まれる。
今回は、ロンドンパラリンピックでの日本選手の活躍シーンを中心に紹介する。

開会式

オリンピックに負けず盛大な開会式が催された。

TAG :

close

アーチェリー

補助を受け、矢の準備を行う。

TAG :

close

卓球

障害者卓球日本のエース板井選手。6月には公式HPもオープン。

TAG :

close

水泳

水泳で入賞を果たした野村選手。

TAG :

close

水泳

生まれつき腕のない中村選手。彼の泳ぎはすさまじい力強さを感じる。

TAG :

close

水泳

世界新で金メダル。表彰式で花束を掴んだ彼は、ロンドンの観客に愛される存在に。

TAG :

close

水泳

水泳のエース、鈴木孝幸選手。五輪招致活動にも貢献。

TAG :

close

陸上

慶応大学在学中の高桑早生選手。山縣亮太選手らと共に練習している。

TAG :

close

陸上

2020年東京五輪招致で活躍した佐藤真海選手。競技で被災地に勇気を届ける。

TAG :

close

陸上

今や日本パラリンピックの顔とも言える土田和歌子選手。

TAG :

close

陸上

車いす中長距離の花岡伸和選手。先の大阪マラソンにも出場。

TAG :

close

陸上

車いす短距離のエース、伊藤智也選手。ロンドンでも銀メダルを獲得した。

TAG :

close

陸上

短距離・走幅跳に活躍する山本篤選手。今年の世界選手権でも走幅跳金メダルを獲得。

TAG :

close

陸上

短距離の多川知希選手。今年の静岡国際陸上などでも活躍。

TAG :

close

陸上

義足のハイジャンパー・鈴木徹選手。もともとはハンドボールでオリンピックを目指していた。

TAG :

close

陸上

5000mでアフリカ勢を競り落とし銅メダルを獲得した和田伸也選手。視覚障害者は伴走者との協力が不可欠。

TAG :

close

射撃

射撃の田口亜希選手。競技中の集中は見ている方が緊張するほど。

TAG :

close

自転車

自転車ロードの銅メダリスト藤田征樹選手。トライアスロンから自転車へ転身した。

TAG :

close

自転車

元・競輪選手である石井雅史選手。障害があっても尚、自転車競技に挑み結果を出し続ける。

TAG :

close

ボッチャ

ボッチャの廣瀬隆喜選手。ボッチャは非常に戦略性と正確性の求められる競技。緊張感がある。

TAG :

close

ゴールボール

静寂の中で見えないボールを追うゴールボール。堅守で見事金メダルを獲得。

TAG :

close

ウィルチェアーラグビー

激しいぶつかり合いとボールの奪い合いが見もの。試合中のタイヤ交換は当たり前。

TAG :

close

車椅子バスケットボール

漫画にもなり、認知の高まりつつある車椅子バスケットボール。激しさは通常のバスケットにも全く見劣りしない。

TAG :

close